Curriculum

動画制作演習 II

履修期間 1年/秋学期

プロのカメラマンがやさしく丁寧に教えてくれます。

実習形態で基礎知識を学びます。

動画制作で最も重要な、撮影の基礎技術と基礎知識を学ぶ授業です。カメラの使い方やライティングの技術、映像制作の基本を勉強し、実際にグループでの制作も行います。

たとえば、リンゴひとつ撮るだけでも赤い光を当てるとおいしそうに見えたり、当てる光の色や向き背景を変えることによってまったく印象の違う写真になります。

  • lighting
    照明
  • sunlight
    太陽光
  • retouch
    赤みを加えたもの

このような技術と、自分の意図やメッセージをイメージ通りに伝達するノウハウとその意味を共に学ぶことで、映像制作の工程の土台となる演出などの構想の根本を理解したうえで実際の工程まで習得できます。

プロの指導のもと、カメラを使いこなせるようになります。

Youtubeなど誰でも気軽に動画を作り、他人に見せられる時代ですから、趣味や生活の幅が広がりますし、だんだん自分の思う通りにカメラを動かせるようになるのも楽しいです。グループで制作を行うことによって、話し合いや共同作業の機会も出てくるため、社会の多くの場で重要視されるコミュニケーション能力を身に付けられます。

まったくの初心者でもプロのカメラマンに一から学べ、仲間と一つのものを作り上げる楽しさを感じられます。1年生から履修できる実技の授業で、3年次からのより本格的な演習にも生かせるので、番組制作や映像作品を作ることに興味のある学生におすすめの授業です。

※この動画は学生が企画・制作しました。

※こちらの紹介ページは、プロのデザイナーに学びながら、メディア情報学科の学生が作成しました。